>> どんぐり家公式ネットショップはこちら <<

定年後一日の長さに耐えかねているあなたへ、時間の経過の本質を知る二つの方法。

定年後、一日の自由『時間』の長さを実感しているという話を最近よく聞きます。
まず第一になぜ現実に同じ1時間の感じ方に違いがあるのでしょう。それも正反対の感じ方です。

例えば一時間の講演をお付き合いで聞きに行ったときは何と長く感じることでしょう。
しかし、自分が非常に関心をもつテーマの講演の時は短く感じる場合が多いのではないでしょうか?(心身ともの休憩は除く)
一方予定を立て何らかの目的を持つ場合には、人は時を短く感じるのではないでしょうか。

今日は定年後一日の長さに耐えかねているあなたへ、時間の経過の本質を知る二つの方法ついてどんぐり仙人に聞いてみることにしました。

スポンサードリンク

時間についての俳句

時間

どんぐり仙人

定年後 未踏の土地に 新芽ふく
どんぐり仙人から一言

今までの人生とは全く違う分野にチャレンジしてみませんか。

時間ってなんだろう?

時間を長く感じたり、時間を短く感じたりするこの2つの異なる現象の中にあると思われる違いとは?
思考(目的)が行動(聴くこと)と共にあるか、行動(聴くこと)のみであるかの違いではないでしょうか。

私達が日常生活で自覚する時間とは、機械的時間(時計により知る時間)と精神的時間(感覚で知る時間)
この見えるものと見えないものの二者より時間を自覚し行動しているのではないでしょうか。その他いろいろの環境により時間の自覚の変化もあると思います。

しかし、機械的時間は人を待ってくれません。コクコクと時は経過してゆくのです。つまり、機械的時間の経過と共に肉体は老化してゆくのです。
ならば、人は時間と共に自分に合った精神的成長を考えなければないのでしょうか。

どんぐり仙人もう一句詠みます。

どんぐり仙人

過去を見て つまずきころび 時が過ぎ
悩み黒板
時間?
うーん。

ぐりちゃん

スポンサードリンク

ぐりちゃんはこう考える

解決黒板
時間とは…
ぐりちゃんが考えてみたよ。

ぐりちゃん

肉体は時間と共に衰えてゆくが、精神年齢は肉体年齢をはるかに超えて人として円熟してゆける可能性を十分すぎるくらい持っているのですね。とりあえず、精神的に充実生活をするため小さくてもいい目標を持ちたいものです。

肉体年齢を上まわる精神年齢で老後の悩みが減るのでは。

どんぐり仙人に聞いてみよう!

そういえば楽しく遊んでいる時は時間を短く感じちゃうな。やることが多い時もすぐ一日が終わってしまうね。

ぐりちゃん

どんぐり仙人

ほっほっほ。
仙人、70歳でツイッターを始めた知人がいます。生き返ってますよ。どうですか?

ぐりちゃん

どんぐり仙人

まだ芽を吹く力あり
スポンサードリンク

時間についてまとめ

問題解決の扉
時間
今回のまとめ!

ぐりちゃん

時間をもて余すのは、満たされ過ぎた生活での最高の贅沢であるのかな。
だから考え方も時に応じた成長が止まっているのかしら。充実した人生を過ごしたいなら時間を有効に使いたいものですね。

例えば、夕方の散歩の時にゴミを拾ったり、助けを必要としている人達へのささやかなボランティア活動などに参加するのも1つの方法かな。
結果として肉体年齢を超越した精神年齢に達するのでは。この努力は老後の培った心の豊かさで自分自身の充実した人生を過ごせるんじゃないのかと考えました。

もちろんすぐに実行するのは難しいよね。でも、理解出来た部分、納得出来た部分だけでも今日から実行してみたらあなたの生活が昨日とは違うものになるはず。

そして実行していくうちに、わからなかった部分が理解できるようになるなるかもしれないし、新しい解釈が生まれるかも。

ぐりちゃんも全部わかったわけじゃないし、わからなくなったらまたどんぐり仙人に質問するよ。

もちろん、少したって、これは自分に合わないなってなるかも。そしたらまた別の方法を試せばいいよね。

何を選ぶか、あなたの自由。

少しでも日々の生活が楽しくなったらいいなぁ。

ではでは、『時間』について、どんぐり仙人の俳句を紹介させていただきました。悩みとかあったら気軽にコメント残していってねー。

コメントを残す