美容で女子力をあげたいあなたへ。歳を重ねても美しく気品を保つ方法

『女子力』という言葉が良く使われるようになりました。テレビを見ても、雑誌を見ても、街中どこを探しても女子力アップの文字。女子力という言葉に駆られて、ダイエット、美容、料理の腕、気遣いなどなど。女性は非常に忙しい。何がなにやら分からないけれど、とりあえず女性とは“美”だと、毎日美しさを追い求めている人たちでいっぱい。

女性としての美しさとは何なのか?女子力とは一体何者なのか?いまいち分からないあなたの疑問が少しでも軽くなるように、どんぐり仙人に聞いてみることにしました。

スポンサードリンク

『女子力』についての俳句

女子力

どんぐり仙人
梅雨の花 秋深まりて 風情あり
どんぐり仙人から一言
あじさいの花は梅雨時には美しく清楚。赤、青、白。色々とカラフルですが、秋には落ち着いたなんとも言えない雰囲気。花に見えるものは実のところはガクなのである。

スポンサードリンク

『女子力』についてぐりちゃんはこう考える

ぐりちゃん
ぐりちゃんが女子力を考えてみたよ。

いつの日からか、女子力という言葉を聞くようになったよね。女子力だけじゃなく、女子会とか美魔女とか、ちょっと前にも淑女がどうのとか。とにかく世の中は女性を飾る言葉がいっぱいだね。

洋服だって季節を考えて買わないといけないし、一度着た洋服は着れないとか、化粧品にも気を使わないといけないし、人には太った?とか言われたりでダイエットにも気をつけないといけない。女性ってとにかく求められているものがいっぱい過ぎて窮屈。そしてその求められているものの共通点が“美”に関するものなんじゃないかな?

結婚して数十年。だんなさんには「若い頃のお前は…」とか言われたりしてね。ぶよぶよでしわしわになった肌を見てため息をつく。私だってがんばっているのに…。そんな風に悩んじゃう年配の女性も多いんだって。

世の中の男性にはもっとわかって欲しいよね!

…って、思っていたぐりちゃんだったけど、仙人の句を聞いてハッ!とした。

なんで女性はいつも美に追われなければならないのか。それは失われてしまう美を追っていたからなのかもしれない。って。人は必ず歳をとる。年老いていく。植物を見ればわかるけど、若い芽が出て、つぼみになり、美しい花が咲く。そして種を作り、枯れていく。

花が枯れるように、見た目の“美”は歳を追うごとに失われていくものなんだ。それでも人は花であろうとする。だから苦しい。歳をとることは避けられない。それでも歳をとることにあらがって、高い化粧品使ったり、エステに通ったり、高い美容食品を摂取してアンチエージングに励んだり。そして老いに負けていく。

女子力-2

そこでアジサイの花を思い出そう。あなたが知っているアジサイの花。梅雨の時期に雨露をまとい、赤、青、白、紫とカラフルな花が咲く。そして夏が過ぎ、秋が来た時にもう一度アジサイを見てみよう。

女子力

あなたはそこで、あれ?アジサイの花が咲いている!って思うかもしれない。

アジサイ。実はみんなが花だと思っているものは「ガク」と呼ばれるもの。額縁の「ガク」だね。アジサイは飾り花で、花よりもガクが大きい。本当の花は、その額縁の真ん中にある小さな小さな点のようなものなんだ。花は枯れてもガクが残る。だから秋になっても落ち着いたなんともいえない雰囲気を漂わせ花のように咲いているように見える。

女性が追い求めた方がいい「美」はこれなんじゃないかな。歳をとっても残るもの。

ぐりちゃん
仙人、ガクって人間で言えばなんなのでしょうか?
どんぐり仙人
そうじゃのう…。ワシは教養みたいなもんだと思うがどうじゃろう。
ぐりちゃん
教養かぁ。茶道や華道、日本舞踊とかかな。
どんぐり仙人
そういうものでもいいし、本を沢山知っていたり、音楽を沢山聴いていたり、なんでもいいのじゃよ。派手でなくとも特徴のあるとりえを持っていれば、歳をとってもくすんだり色あせたりはせんのじゃないかな。
ぐりちゃん
なるほど!確かに、知り合いのおばあちゃんがお茶を入れてくれたりするしぐさを見て、美しいなぁって思ったことがあります。
どんぐり仙人
その美しさは、時間が経っても変わらんじゃろ?
ぐりちゃん
そうですね!あのおばあちゃんは女子力高い!
どんぐり仙人
そういうことに気がつけたら、少しだけでも美に敏感な女性の肩の荷がおろせると思うんじゃがの。
ぐりちゃん
おお。仙人、今日はやけに女性に優しいですね。
どんぐり仙人
馬鹿者!ワシはいつでも女性に優しいわい!ガミガミガミ…
ぐりちゃん
い、一応ぐりちゃんも女性なんですが(涙)

『女子力』についてのまとめ

ぐりちゃん
今回のまとめ!

ぐりちゃんはね、女子力とは色褪せない本質。と、どんぐり仙人が教えてくれたと思うんだ。

美しく着飾ったり、がんばってダイエットに励んだり、高い化粧品を買ったりする美。そういうものの需要があるのは確かだけれど、そればかり追い求めていたらきっと疲れちゃう。がんばってがんばって作り上げても歳をとったら変わっちゃうものだからね。

どちらを選ぶかは、あなたの自由。

ぐりちゃんはどんぐり仙人の俳句を聞き、教養のある女性になりたいと思ったから、今日からそういう女子力を高めていきたいと思います!

少しでも日々の生活が楽しくなったらいいなぁ。

ではでは、『女子力』について、どんぐり仙人の俳句を紹介させていただきました。悩みとかあったら気軽にコメント残していってねー。

Print Friendly, PDF & Email

スポンサードリンク

どんぐり家で作った商品を注文できます

どんぐり家公式ネットショップ

深山の大自然の恵みの中でゆっくりと手間ひまかけて作っております。シンプルな原材料で安心。

「おいしいんじょ。食べてみて!」

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

生物学で学び得た知識や理論、経験を生かし大自然の中で生きるという原点にこだわり秘境で生活している変わり者。この住みにくい世の中を楽しく過ごしていくことがモットー。もしあなたが何か悩んでいることがあったら、気軽にコメントを残していってください。もしかしたら人とは違うアドバイスが出来るかもしれません…。