天災や地震に不安を感じているあなたへ。天災の本質を自然科学から考える方法。

『天災や地震』のことを考えると不安になりますよね。

恐い地震や台風の被害にあった時、人はそれを天災と呼びますが果たしてそうでしょうか?

今日は『天災や地震』に不安を感じているあなたへ。天の災い、つまり天災を自然科学からその存在の位置づけ、つまり意義を求める考え方についてどんぐり仙人に聞いてみることにしました。

スポンサードリンク

『天災や地震に不安を感じているあなたへ。天災の本質を自然科学から考える方法。』についての俳句

天災
どんぐり仙人
この地球 わが人類の 家主なり

まず日本では誰もが経験する地震を例にとってみましょう。

地震とは地球表面(海底も)構成する岩盤の断層と呼ばれる過去に破壊された岩盤の互いの面が急激にずれて動くことにより発生する現象です。

私達の生活する大地は深さ約30~100kmの地球の表層部でその下にはマントルと呼ばれる流動性をもった物質があり、この地下のマントルが何らかの原因で移動しています。

その上に位置する岩盤も長い年月を経て少しずつ移動し互いの断層面の部分にひずみが生じエネルギーが貯まるわけです。

このひずみのエネルギーを適時に放出しなければ地球自身の安定を保つことは困難です。
ひずみのエネルギーを放出することで地震が発生するのです。

地表維持の安全ブレーカー的な役をしているように思います。

火山噴火も同じく巨大噴火による著しい現状変化に対する安全弁として作用しているのでは。

すべてのひずみに起因するエネルギーは極限まで貯め、それが爆発したときは破滅的結果を生みます。

これは人間社会の人間関係と何か似ているようにも。

それでは次の災害と呼ばれるものはどうでしょうか?

台風
 地球規模での大気の撹拌
 雨による地表への水分補給
 大波による真水、海水への酸素供給

地震
 大地のひずみの調整


 オゾン発生
 窒素酸化物発生(窒素肥料)
 雷が多い年は稲が豊作らしいです。稲妻

自然災害とは危機的な自然現象によって人命や社会活動に被害が生じる現象
災害は危機が脆弱性と出会うことで起こる

災いは過去の歴史の忠告を守ることによって軽減できるのではないでしょうか。

人類の家主さんである地球と仲良くやっていきましょう。

ぐりちゃん
地球も生き物ですか?
どんぐり仙人
立派な生き物じゃ。

ぐりちゃんはね、人間の歴史がある限り天災はなくならないから、大きく考えて家主の地球と仲良くやっていくことを、どんぐり仙人が教えてくれたと思うんだ。

もちろん理解出来た部分、納得出来た部分だけでも考え方を変えたらあなたの生活が昨日とは違うものになるはず。

わからなかった部分が理解できるようになるなるかもしれないし、新しい解釈が生まれるかも。

ぐりちゃんは全部わかったわけじゃないし、わからなくなったらまたどんぐり仙人に質問するよ。

もちろん、少したって、これは自分に合わないなってなるかも。そしたらまた別の考え方を考えたらいいよね。

何を選ぶか、あなたの自由。

少しでも日々の生活が楽しくなったらいいなぁ。

ではでは、『天災や地震に不安を感じているあなたへ。天災の本質を自然科学から考える方法。』について、どんぐり仙人の俳句を紹介させていただきました。悩みとかあったら気軽にコメント残していってねー。

スポンサードリンク

どんぐり家で作った商品を注文できます

どんぐり家公式ネットショップ

深山の大自然の恵みの中でゆっくりと手間ひまかけて作っております。シンプルな原材料で安心。

「おいしいんじょ。食べてみて!」

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

生物学で学び得た知識や理論、経験を生かし大自然の中で生きるという原点にこだわり秘境で生活している変わり者。この住みにくい世の中を楽しく過ごしていくことがモットー。もしあなたが何か悩んでいることがあったら、気軽にコメントを残していってください。もしかしたら人とは違うアドバイスが出来るかもしれません…。